JWDA

【協会公認・東京】ウエルスダイナミクス入門講座(3講座)

http://www.wdseminar.jp/seminarimages/2552l.jpg?9595946

申込受付終了

開催日 2018年01月28日(日)
開催時間 13:00〜17:00
テーマ ウェルス入門講座
主催 株式会社セルフ・インプルーブ
講師 和田 勉(わだべん)【WDプラクティショナー、お金を学ぶ『人生の寺子屋』塾長】
講師プロフィール 18歳の時、飛込みの教材販売を経験し、1週間で70万円の収入を獲得し、営業のセンスに気づく。
以後、外資系企業などからヘッドハンティングを受ける。
京都府立大学卒業後、日本を代表する大手製薬メーカーに入社。
営業実績を上げながら、会社に貢献する。
同社を退職し、一部上場の化学メーカーへ。子会社の名古屋支店長を務める。
病気2回、事故で1回死に直面するが、持ち前の強運で克服。
サラリーマンだけの収入に将来不安を覚え、宅建など30以上の資格を取得、
自己啓発に1000万円以上かけ、投資の世界へ突入。
サラリーマンをしながら、株、IPO株、ファンド、FX、海外投資にチャレンジ。
人に言えないくらいの数々の失敗を体験。高い授業料を支払う。
リーマンショックによりFXで数千万円の損失を経験。
ここから、アパート経営や投資について本格的に勉強を始める。
お金はエネルギーで、考え方が全てであることがわかり、実践しアパート大家となる。
現在アパート2棟、自宅を2軒所有。
ハワイ、フィリピンにも不動産を所有。今後、海外不動産に力を入れていく。
現在、お金を学ぶ『人生の寺子屋®』を東京、名古屋、熊本、福岡と4校を開講。
サラリーマン、OLの方の経済的自立を応援している。
地域 東京都
会場 スターティアラボ株式会社 19Fセミナールーム
会場住所 東京新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリスビル19F
料金 25,000円 税込価格。テキスト代含みます。 プロファイルテストをご希望の方はお知らせください。
定員 10名
お問い合わせ先 株式会社セルフ・インプルーブ
関連URL http://s-improve.com/

セミナー内容

このウェルスダイナミクス入門講座は、
ウェルスダイナミクスの根幹となる、
ゞみを知り価値知る「ウェルスダイナミクス」
内的価値を明確にする「ウェルスフィットネス」
チャンスを運ぶ富の人脈づくり「ウェルスネットワーク」

の3つの理論に絞り、短時間で体系立てて学ぶことができ、

・自分の強みを知りたい!
・やりたいことが見つからなくて不安を感じている
・何から手をつければいいのかわからない
・プロファイルテストは受けたけど、どうすればいいの?

という方の疑問や不安を解消します!

ウェルスダイナミクスは、一言で言うならば

『個人の才能を最大限に活かすフロー理論』

これを知っているのと、知らないのとでは
人生、大きく結果が異なってしまうと言っても
過言ではありません。

1人、1人に特性があり、
その強みと弱みを知ることにより、
最大限のパフォーマンスが発揮できます。

ぜひ、お気軽にご参加ください。

申込受付終了


その他のおすすめセミナー

このセミナーに興味を持った方は、他にもこんなセミナーに興味を持っています。

【協会公認・東京】ウェルス入門1日講座

【協会公認・東京】ウェルス入門1日講座
詳細を見る
開催日 2018年11月23日(金)
開催時間 10:00〜17:00
テーマ ウェルスダイナミクス・セミナー、 協会主催セミナー、 ウェルス入門講座
主催 VXL六本木
講師 WDシニアトレーナー 瀬賀啓衣(せがひろえ)
金額 30,000円 WDプラクティショナーまたは再受講の場合 10,000円

業務の効率化、新しい販路の開拓、組織の拡大など、
将来を見据えてこれらの方法を探しているなら


あなたの『才能』と『情熱』を今以上の
『収入』と『成果』に変えませんか?


20%の努力でお金も自由も手に入れる!
自分の人生を新しくデザインする4つの理論


この4つの(..続く)


【東京】12/2 スペクトルマスター講座

【東京】12/2 スペクトルマスター講座
詳細を見る
開催日 2018年12月02日(日)
開催時間 11:00〜19:00
テーマ ウェルススペクトル/スペクトルマスター講座
主催 JOYflow
講師 瀬賀啓衣(せがひろえ)
金額 108,000円 テキスト、スペクトルテスト10個(39800円相当分)スペクトル入門講座開催キット(21600円相当)を含む

スペクトルマスターは
起業家としてのレベルについて
詳しく学んでいただき

今どのレベルの課題に向き合うべきか
また、さらに強い土台を作るために
そのまえの、レベルでやり残したことはないか
という確認とともに

ひとつづつの課題を詳しく解説し
その課題への取り組みまで
具体(..続く)


このページのトップへ